資格取得で転職を有利にしよう

不況が続く世の中において、30代、40代、50代の転職は厳しいものとなっています。それでも転職を考えるのであれば、客観的に自分の能力を証明してくれる資格があれば武器になるでしょう。

資格には、民間資格や国家資格があります。とりわけ、国家資格であれば、公的に評価を受けていることを証明できるため、社会的な信用を得るという面でも有益でしょう。
中高年で、今後転職などを考えているのであれば、国家資格を持っているか、専門的なスキルがあるかが運命の分かれ道でしょう。

しかし、国家試験であればなんでも良いというわけではありません。
例えば、事務職に転職しようと考えている時に、潜水士の資格をアピールしても活用する場所が無いのです。自分が今後働こうとしている業種で、必要とされる資格を取得しておくことが大切です。

中高年での転職の場合、資格だけでは不十分なことも考えられます。その会社において、採用する事で有益になる免許やライセンスを取得している事で、転職が成功する可能性は高くなるでしょう。例えば、ガソリンスタンドで働く際に、乙種4類危険物取扱者や乙種6類消防設備士などを取得していれば、優遇されるでしょう。加えて、大型特殊免許や整備士の免許を持っているのであれば、業務を拡大する事が出来るため、転職の際有利になります。

建設業界で働こうとする場合は、中高年になってからの肉体労働はきついものがありますので、監督業務を目指すのが良いでしょう。しかし、監督経験がなければ難しいです。その際に、宅地建物取引士の資格を持っていれば、建設業界においての転職が有利に進むでしょう。土地建物の売買を行うためには、宅地建物取引士を従業員5名に対して1名以上配置しなくてはいけないので、求める企業は多くあります。会社にとって、有益になる付加価値を生む存在になるため、自分自身を磨く事が重要なのです。

Tags: ,

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です